キャッシングの金利って高い?

キャッシングは急にお金が必要になったときに非常に便利なサービスですが、借り入れをしたときに金利がかかります。
過去では借り入れ金額の30パーセントくらいの金利がかかる金融会社もありましたが、現在では貸金業法で上限を20パーセントに決められているので、いわゆるヤミ金でなければそれを超えることはありません。
はじめてキャッシングを利用する場合は、借入金の限度額が50万円程度になるので、キャッシング金利は18パーセント前後と高めに設定されています。
利用を続けて信用度が上がれば、限度額を高めに設定することができるようになりますので、金利もその分下がってきます。
キャッシングには、銀行系と消費者金融系がありますが、銀行系のほうが若干ですが金利は安くなっています。
しかし、その分銀行系は審査がきびしく、消費者金融系は審査が甘目となっているようです。
多くの場合、返済はリボルビングとなっていますが、あまり長期間借り入れをしていると金利の額が増えてしまいますので、原則的には一括返済をしたほうが安全です。